日村さんが訪れた八王子市にあるロケ地の”高尾山トリックアート美術館”の場所は?【バナナマンのせっかくグルメ】

テレビ・ドラマ
テレビ・ドラマ
スポンサーリンク

【バナナマンのせっかくグルメ】8月1日放送で日村さんが訪れた東京都八王子市にある美術館

ロケ地の”高尾山トリックアート美術館”をご紹介します!

【本記事の内容】
・【バナナマンのせっかくグルメ】とは?
・【バナナマンのせっかくグルメ】八王子市にあるロケ地の”高尾山トリックアート美術館”の場所は?
・【バナナマンのせっかくグルメ】八王子市にあるロケ地の”高尾山トリックアート美術館”とは?入館料はいくら?
・【バナナマンのせっかくグルメ】八王子市にあるロケ地の”高尾山トリックアート美術館”の行き方とは?
・【バナナマンのせっかくグルメ】八王子市にあるロケ地の”高尾山トリックアート美術館”の口コミ

スポンサーリンク

【バナナマンのせっかくグルメ】とは?

【バナナマンのせっかくグルメ】とはバナナマンの2人がMCの日本全国の地元の人がお勧めする”地元飯””おすすめスポット”を紹介するグルメバラエティ番組です!

【MC】
バナナマン(設楽統・日村勇紀)

【スタジオゲスト】※8月1日放送
川田裕美
久間田琳加

【バナナマンのせっかくグルメ】八王子市にあるロケ地の”高尾山トリックアート美術館”の場所は?

今回【バナナマンのせっかくグルメ】8月1日放送でバナナマンの日村さんが訪れる美術館は、ロケ地である東京都八王子市にある”高尾山トリックアート美術館”です!

【住所】
〒193-0844 東京都八王子市高尾町1786

東京都八王子市にある”高尾山トリックアート美術館”とは?

高尾山トリックアート美術館は1996年4月、東京の西、高尾山の麓にオープンしました。
だまし絵の歴史は古くは約2000年前に遡り、そしてほぼルネッサンス期に技術的に確立されたと言われています。

高尾山トリックアート美術館のコンセプトはまさしくその当時のだまし絵をトリックアートで再現すること、「あたかもそこに本物が存在するが如く」をテーマとしています。豊な自然に囲まれた高尾山の麓、京王線高尾山口駅の目の前に高尾山トリックアート美術館はあります。
新緑、紅葉と四季折々に様々な姿を見せてくれる高尾山の豊な自然を満喫しながら、今までの既成概念を捨てて高尾山トリックアート美術館をご堪能下さい。きっと新たな発見が皆様をお待ちしています。

高尾山トリックアート美術館HPより引用

東京都八王子市にある”高尾山トリックアート美術館”の入館料はいくら?

【入館料】
・通常料金
一般人 1,330円
中高生 1,020円
小学生 720円
幼児(4才以上)510円

・団体(20名以上)
一般人 1,130円
中高生 820円
小学生 520円
幼児(4才以上)310円

・障がい者
一般人 1,130円
中高生 820円
小学生 520円
幼児(4才以上)310円

・障がい者団体(10名以上)
※付き添いも同じ
一般人 1,030円
中高生 720円
小学生 420円
幼児(4才以上)210円

【バナナマンのせっかくグルメ】八王子市にあるロケ地の”高尾山トリックアート美術館”の行き方とは?

【アクセス方法】
・京王線の場合
京王高尾線→高尾山口駅前(徒歩約2分)→高尾山トリックアート美術館

・JR中央線の場合

高尾駅→京王高尾線乗り換え→高尾山口下車(徒歩約2分)→高尾山トリックアート美術館

・車の場合
※専用駐車場はございません。高尾山周辺の有料駐車場をご利用下さい。

【バナナマンのせっかくグルメ】八王子市にあるロケ地の”高尾山トリックアート美術館”の口コミ

タイトルとURLをコピーしました